定期点検及び安全対策が済んだと言う原子炉を再稼働する為に、
地方自治体に理解を求めるんだそうです。海江田さん。

一方、地震も津波も原発事故も起きていないのに、
また、今後も地震や津波による原発事故の可能性は低いのに
国民投票を行って、原発廃止を決めた国があります。

原発事故を起こした国の国民は事故前と同じように、
テレビのお笑い芸人を見ながら馬鹿笑いしていたりします。

これは、どちらが正しいとか言う問題ではありません。

普通の生活をする事が大切だと言うのは、
無責任で無関心な生活をしなさい、と言う意味でしょうか?

エネルギー以外の浪費は、日本経済を支える為に必要だとは思います。

慎ましく寡黙な人は立派な人物だと思うし尊敬も出来ます。


しかし、今この国に必要なのは、国民の声、
いいものはいい悪いものは悪いと言う私たちの声なのです。

野党はもとより、与党の議員までもが、
この時期に総理の首をすげ替えようと躍起になっています。

何がどうなると、そういう浮世離れした行動ができるのか。
総理大臣なんて誰でも、政権政党なんてどこでも、
ともかく、今しなければならないのは
震災からの復興だし、被災者に対する援助ではないのですか?

そして、その次にエネルギー政策です。
人の力では制御出来ないものに私たちの未来を託せますか?

もはや、国民の声が全く聞こえていない永田町には
この国の将来を任せておく訳にはいきません。

私たちの無責任と無関心は、必ず私たちに返ってきます。

私たちは、今度の震災と原発事故で、
高い授業料と引き換えにその事を学んだはずです。

高い授業料を払ったのだから、
払っただけの成果を得なければもったいない。

そうは思いませんか?

それでも、慎ましく寡黙なままでいますか?

そろそろ、この国の将来を本気で考えませんか?

インターネットの繋がりで独裁者が倒される時代です。
本気になれば、きっと私たちにもできる事があるはずです。

一人一人の声は小さくても、沢山の人が同じ声を上げれば、
きっと、その声は国をも動かす力になるはずです。

声を上げましょう。