被災、その後

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
震災から2か月余りが過ぎ、世間は随分平静を取り戻している。

が、相変わらず福島は、原発の影響で復興が始まりもしないし、
神奈川では、茶葉から大量の放射性物質が検出され、
出荷停止となってしまった。

茶葉から検出された放射性物質は、どんなに好意的に見ても、
茶葉だけに付着しているとは考えにくい。

どう控え目に考えても、福島から神奈川の間は、
相当高濃度の放射性物質に曝されていると考えるのが妥当だろう。

とすれば、これから先、数十年後の首都圏は、
想像するのもおぞましい事態になっているかも知れない。

僕の世代では、今後、子作りをする事もないだろうからいいとして、
子供達や孫たちの世代にとっては、本当に深刻な問題だと思う。

東電並びに政府は、相変わらず危険はないと言い張るが、
メルトダウンを隠し続けた人々の言葉は一切信用できない。

原発事故をどの様に収束させようとしているのかは知らないが、
水棺とか石棺では放射性物質を止められないという意見もある。

国民は、今立ち上がらなければ手遅れになるかも知れない。

もっとも、もう十分手遅れとも言えるんだが・・・




浜岡原発停止!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
今日午後、浜岡原発がすべて停止した。

しかし、停止したからと言って安心してはいられない。
核分裂は止めても、核燃料がなくなる訳では無く、
何らかの理由で冷却水が止まってしまえば福島の二の舞いになる。
これは、浜岡に限った訳ではない。
全国に分散されたすべての原発にこの危険性がある。

マーフィーの法則にもあるように、
失敗する可能性のあるものは失敗するのだ。

今まで、原発による発電を支えて来たのは、
科学技術ではなく、偶然の幸運だということは、
今回の福島の事故でハッキリと証明された。

夢の高速増殖炉は、正に夢でしかなかった。
もんじゅは、昨年来、一触即発の状態が続いているが、
そのことが問題視されたのは、今回の事故の後である。

今この瞬間にも、もんじゅが日本と無理心中を図ったら
もう誰にも止めることはできない。

中部電力は、今回の停止を受けてなお、
防波堤の完成後、再び浜岡原発を再開したいと言っているが、
我々が心配しているのは、津波ではなく活断層である。
活断層が何とかならない限り、再開を許す訳にはいかないのだ。

それどころか、使用中だった核燃料と使用済み核燃料を
一刻も早く安全な場所に移動させなければ安心できない。

我々は今後もより一層の大声を出し続けなければならないのだ。

チョットばかりの不便と国を滅ぼす危険。
国民はどちらを選ぶのか。







誰でもわかっているんだから

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
政府は税金で東電を救済しようとしている。
それがどれだけおかしいか、小学生でもわかると思う。

立派な大人の集まりで、どうして当たり前の議論ができないのか。

こんな変な政府なら、ない方がましだ。

政府も変なら国民もおかしい。
浜岡原発を止めたら従業員が可哀想だという馬鹿がいる。
原発に何かが起きたら、真っ先に死ぬのは従業員なんだよ。
そして、周囲何百キロも放射能で汚染され、
罪もない住民が家を失ったり職場を失ったり、
農作物も海産物も売り物にならなくなり、
放射能で傷ついたDNAは奇形児を生み出し、
さらなる不幸の輪を広げて行くんだ。

大げさではない。福島に行って見なさい。

全ての国民が原発事故の恐怖を肌で感じる必要がある。

一旦事故を起こした原発が、どれほど始末におえないか。
人間なんてどんなに非力か。

これからまだまだ日本人は思い知ることになるんだ。

孫娘が大人になるまでに、
人間の力では制御できないような怪物を、
この日本は言うに及ばず、
地球上から無くしたい。


プロフィール

excarver

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ